科学に裏付けられた展示

科学に裏付けられた展示
近所の子供もつれて、みんなで行くのが楽しいかもしれません。それは恐竜のからだの色だそうです。最先端の科学に裏付けられた実物大の恐竜が、本物そっくり?に展示されています。それによると、恐竜が生きていた実際の姿を見ないとわからないことがあるのだとか。

骨格模型でなく、身もあり、動いたり、鳴いたりする恐竜。本イベントは、ピーター・ラーソン博士やロバート・バッカー博士といった恐竜研究の第一人者が監修を務めます。あまりのリアルさに怖がったりするかもしれませんが、それは老後の楽しみにでも。恐竜図鑑に載ってるといわれそうですが、あれは想像の産物。

質問したり、一緒になって騒いだり。また、映画『ジュラシック・パーク』同様、ツアーにはガイドがつきます。みなさんも、ぜひっ!。骨も身もある最先端の科学に裏付けられた展示以前、テレビで恐竜の番組を見ました。

骨を発掘しても、DNAを鑑定してもわからないこと。恐竜研究の科学者たちが多分これだろうと決めたのです。恐竜の大好きなみなさんのお子さんをぜひ連れて行ってあげてください。

| 恐竜

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。