DVD-Video

映像ソフトDVDが結局自宅で購入できるわけですね。

複製も防止 映像ソフト直接DVDに“配信”
■パッケージ購入より安く、直接書き込む「iDVDt.com」開始

 コンテンツ配信などのイーエントリー(東京都港区)は28日から、ドラマや映画、アニメーションといった映像ソフトを、インターネットを通じて配信し、ユーザーのパソコンにセットされたDVD−Rに直接書き込む方式で販売する「iDVDt.com」の運営を開始した。映像配信技術のウェブストリーム(東京都港区)が開発した「DVDトースター」の技術を活用した。ストリーミングと呼ばれる方式で映像を配信してパソコン画面で見てもらう方式に比べ、大型テレビでも再生可能な高い画質の映像を提供できる。

1996年に製品の発売が始まり、以後世界的に幅広く普及している。それまで映像パッケージソフトの主流だったVHSに比べて高画質であること、コンパクトディスクと同じようなメディアの扱いやすさ、操作性の良さ、対応機器の低価格化などにより、特に2000年代に入ってから再生専用ソフトに関してはVHSを置き換えるほど普及した。

DVD-Videoは一般的にはDVD-Videoフォーマット規格で映像データが記録されたのディスクを指すものとして用いられ、「DVDに記録されたデジタルビデオ」全般を表すものではないことに注意(詳細はDVDを参照)。記録フォーマット名として明確に区分する目的で表現する場合は「DVD-VF」(DVD Video Format)[1]が用いられる場合もある。一方、本来は単に“DVD”という場合はDVD-Videoディスク自体のことを表す言葉になるので、解説・説明をする際には紛らわしさを避けるように注意する必要がある。
| 恐竜

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。